中村鍼灸院のお店ブログ│門真市、門真南駅の鍼灸院

お店ブログ

花粉症について

2020.03.10更新

PHOTO





コロナウイルスが世界規模で発症し、日常生活に多大な影響を与えています。


花粉が一番飛散するこの時期とコロナウイルスの発生が重なったことで益々手に入り難くなり、花粉症の人に行き渡らない状況が続いてしまっていますが、今急ピッチで増産しているとのことなので、期待したいですね!


 


さて花粉症は言うまでもなくアレルギー性疾患です。


くしゃみ 鼻水 鼻づまり等の👃の症状だけではなく、


眼のかゆみ 涙が出ると言った👀の症状


中には ノドのかゆみや、耳の中がかゆいという人もいます。


 


だけどなんで、花粉症の症状を起こす人起こさない人がいるの❓


これはどの疾患にも言えることですが、アレルギーの元となるものとそれを受けるものの関係によって変わってきます。


つまり花粉症は、元となるものに過敏に反応してしまう為に起こると考えられるのです。


 


鍼灸では、その症状だけにとらわれずに人の身体の弱点というか…体のひずみと言ったらいいのでしょうか、それを正していけるように施術を行います。


過食気味で特に甘い物が好き(≧▽≦)  お酒をよく飲む(#^^#)  冷え性で特に下半身がよく冷える:;(´﹏`);:  胃腸が弱い(◞‸◟)


この様な人に花粉症の症状が現れやすい様に思います。


正していくには時間が掛かりますが、例えば甘い物を控えるように気を付けるとか、胃腸の調子が良くなったら不思議と症状が和らいで、


『鼻水は出るけど、そう言えばいつもより楽になってるなァ』と言う声を聞いたりします。


その声がとても嬉しくて(⌒∇⌒) 鍼灸師になって良かったァ(^▽^)としみじみ思います。。。


 


ではここでツボのお話


花粉症は年中聞くようになりましたが、やはり春と秋に多いですよね。


最近では眠くなりにくい薬が出て助かっている人も多いみたいですが、


当院では予防として 🌸春に出やすいなら11月頃~  🍁秋なら9月辺り~ 


風邪の時にも紹介しました 身柱 風門   にお灸をします。


毎日米粒ほどの大きさのお灸を7つくらいすえます。 


皮膚に直接がいいのですが、毎日だし自分では大変ですよね!


そこで登場 千年灸  これを使ってみてください。


 


何より全体の調整と症状に合わせた施術が必要ですが、風邪の時にも用いるツボなので


イイですよ👍



ページトップへ